お知らせ

マルウエア対策の実施

1. マルウエア対策の実施概要

 総務省より「電気通信事業者におけるサイバー攻撃等への対処と通信の秘密に関するガイドラインの改定について」(2015年11月30日)が公表されました。
 これに伴い株式会社松江情報センターでは、2016年2月1日よりダイヤルアップ接続以外の全ての会員様のマルウェア対策を実施しております。
 なお、
  ○会員様のインターネット接続には影響がありません
  ○会員様のインターネット接続において、ネームサーバアドレスの指定をデフォルトの「自動取得」に設定する必要があります。

■悪意あるC&Cサーバとの通信遮断
マルウェアが外部のC&Cサーバーと通信を⾏おうとすると、通信の宛先情報からそれを検知しアクセスを遮断することで、マルウェア感染者が情報窃取や⾦銭的被害等の深刻な被害を受けることを防ぎます。

実施概要

※C&Cサーバ【command and control server 】
C&Cサーバとは、外部から侵⼊して乗っ取ったコンピュータを利⽤したサイバー攻撃で、踏み台のコンピュータを制御したり命令を出したりする役割を担う サーバ(コンピュータ)のこと。

2. よくある質問(FAQ)

項目 回答案
マルウェアとは何ですか マルウェアとは、さまざまな⼿法を⽤いて利⽤者のコンピュータに感染し、スパムの配信やネットバンキング情報窃取等の遠隔操作を⾃動的に実⾏する悪意あるソフトウェア(コード)の総称です。
マルウェアにどうして感染するのですか? マルウェアはOSやブラウザ等に脆弱性があり、ある特定のサイト(アダルトサイト等)の閲覧などにより感染します。
マルウェアに感染しやすい環境として、OSの最新ver.へのupdateを実施していないことやウイルス対策ソフトを導入していないことなどが考えられます。
マルウェアに感染するとどうなるのですか? マルウェアに感染すると、データが削除されたりコンピュータが動かなくなる等の被害や、知らない間に様々な個人情報が盗まれたり、ボットネットと呼ばれるマルウェアに感染したコンピュータで構成されるネットワークに自動的に接続され悪意の第三者の指令により犯罪⾏為に利⽤される恐れもあります。
マルウェア対策サービスを利⽤しない場合はセキュリティ上問題はありますか 本サービスを利⽤しないことも可能ではございますが、マルウェア感染時において悪意のある通信を防ぐ機会が損なわれる可能性がございますので、ご利⽤いただくことを推奨いたします。
ページの先頭へもどる

お問い合わせ

資料請求やご質問・ご依頼など、お電話またはフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

0852-22-8811
受付時間 平日9:00~17:00